頭皮のニキビとその原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の毛で隠れがちな分、人目につかないので放置している人が多いですが、頭皮にできるニキビは確実に治した方が良いです。

頭皮は皮膚が薄いだけでなく、帽子や髪の毛、整髪料の関係で皮脂ができやすく汚れもとりにくいという特徴があります。

また、ブラッシングなどで刺激を受けやすい部分でもあるのでニキビが発生しやすい環境と言えます。

勿論、こういった頭皮の環境はニキビの発生だけでなく、治療の際にもその足枷になりやすいです。

頭皮のニキビは思春期にできやすいです。

これは汗をかきやすい行動をする頻度が高かったり、ホルモンバランスが乱れやすかったりと色々な要因が重なることが原因です。

そのため、頭皮ニキビは思春期ニキビに区分されやすいですが、20代以降でも頭皮ケアを怠っているとできてしまうので注意が必要です。

頭皮を衛星に保つことが防ぐ手段

頭皮ニキビができる原因は一言で言えば不衛生です。

汗や皮脂、シャンプーやリンスの洗い残しなどの汚れが毛穴に詰まることでニキビが発生してしまいます。

また、頭皮の毛穴に汚れが詰まると頭皮周辺で炎症が起きてしまいます。

この炎症が頭皮の毛細血管を刺激しニキビの原因となることは珍しいことではありません。

そのため、しっかりとシャンプーやリンスをすることは勿論、洗った時にはしっかりとお湯や水でしっかりと綺麗に流すことが大事です。

汗や皮脂の分泌が少なく、シャンプーやリンスもしっかり洗い流していたとしても頭皮にニキビができることがあります。

この理由は使用しているシャンプーやリンスが頭皮にあっていないことが原因です。

腕や身体には何ら問題なく使える成分でも、頭皮に使う場合には思わぬダメージを与えることがあります。

なぜなら、頭の皮膚は他の部部の皮膚より薄く刺激に対して敏感だからです。

勿論、洗い方にも気を付ける必要があります。

傷つけるような洗い方だと逆効果になってしまうので注意しましょう。

Copyright(c) 2013-2017 ニキビ跡をキレイに消す化粧水特集 All Rights Reserved.