お尻ニキビとその原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実は上半身だけでなく下半身――お尻にもニキビはできます。

椅子に座ったときにかすかな痛みを感じるのなら確認することをオススメします。

座席や何らかの衝撃を臀部に受けるとチクリとした痛みがあるようなら手鏡や姿見で自分の臀部を確認してニキビがあるかどうか確かめることをオススメします。

お尻は顔や首、胸と比べても圧倒的に皮脂腺が少ないため皮脂の分泌もかなり少ないのですが、実は一度ニキビが出来てしまうとその症状が悪化する速度はとても早い部分でもあります。

なぜなら臀部は「椅子に座る」という行為だけで既に刺激を受ける部位であり、これは肌の角質層を痛めているのと同義です。

その痛んだ傷口が体重で圧迫されることで傷は広がりを見せ、そこから大量の細菌(=ニキビの元凶)が角質層に入ってしまいます。

臀部は毎日確認しづらい部分であり、入浴時に洗っていたとしても足りないことが多いです。

角質や汚れが溜まりやすい

そのため、気が付いたときにはニキビがひどくなっていることも多々あるのです。

この厄介なお尻ニキビの主な原因は硬く、厚くなった角質層に古い角質が溜まりがちになっていることです。

角質は柔らかい肌でないとはがれ落ちず、皮膚が硬くなればなるほど老廃物が溜まってしまいます。

古い角質はニキビの元凶なので注意が必要です。

また、それ以外にも「スカートやズボン、下着との摩擦」「座るたびに受ける圧迫」「汗などの蒸れ」も尻ニキビの原因になります。

お尻の肌は常に何らかの衣類と接触しており、歩いたり座ったりと全ての行動の際に肌と衣類の摩擦が生じます。

さらに、常に覆われているということは蒸れやすい部分ということなので注意が必要なのです。

Copyright(c) 2013-2017 ニキビ跡をキレイに消す化粧水特集 All Rights Reserved.