背中ニキビとその原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人ニキビの中でも最も有名で、最も多くの女性を悩ませているのが背中ニキビです。

背中ニキビは20代、30代になってから発症することがほとんどなので、大人ニキビの代表格と言われています。

このニキビの特徴は以下の通りです。

  • 仰向けに寝転ぶとかすかな痛みが背中に走る
  • 洗いにくい位置のニキビのため治療・予防が難しい
  • 範囲が広くなりやすい

こういった特徴があるため、特に女性から敬遠されています。

なぜなら、キャミソールやカクテルドレス、襟の広いカットソー、ビキニ・モノキニ・タンキニなど色々な服を着ることができなくなるからです。

顔のニキビならメイクでカバーすることができますし化粧水や美容液などのスキンケア用品を毎日使うことによるスキンケアをしやすいです。

しかし、背中はそういう訳にはいかないことも背中ニキビが厄介と言われる由縁の一つです。

背中ニキビの原因は1つではない

この背中ニキビができる原因は以下の通りです。

下着の締め付け

サイズのあっていない下着をつけているとその素材――化学繊維が不衛生な背中を刺激してしまい、汗や汚れによる細菌の繁殖が活発化するからです。

寝具の不衛生

寝ている間というのは予想以上に汗をかくのですが、その汗がシーツや敷布団などに染み込んでしまい、結果として菌が繁殖してしまいがちです。

つまり、就寝行為がその繁殖した菌の上で寝るという行為となるということです。

食生活の乱れ

甘いものを好んで食べるとニキビが出来やすいと言われていますが、これは背中ニキビにもあてはまります。 勿論、油分の多い食べ物も同様です。

その他にもストレスやホルモンバランスの乱れ、不規則な生活リズム、間違ったケア(洗い方等)といった原因があり、これらはすべて顔にできるニキビ・思春期ニキビと同じような原因です。

つまり、背中ニキビの対策には普通のニキビ対策はもちろん、背中ニキビ専用の対策も踏まえることが必要なのです。

Copyright(c) 2013-2017 ニキビ跡をキレイに消す化粧水特集 All Rights Reserved.