おでこニキビとその原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おでこにできるニキビは10代の頃にできやすいニキビ(通称・思春期ニキビ)と言われており、事実20代以降でおでこにニキビができる人はあまりいません。

しかし、髪の毛に汚れが付着しており、それがおでこにかかるようだとおでこニキビは年齢問わず発生してしまいます。

そして、これは決して珍しいことではありません。

おでこにできるニキビの主な元凶はホルモンバランスの乱れです。

特に思春期は成長ホルモンの関係で体内のホルモンバランスが乱れやすく、また分泌量が不安定なため、皮脂が通常よりも過剰に分泌されたり、古い角質が剥がれにくくなったりしてしまうのでニキビができやすい状態なのです。

このおでこにできるニキビは髪型にもよりますが目立ちやすいニキビなので治そうと躍起になる人は多いですが、下手に弄ると症状が悪化してしまうので適切な治療が必要です。

種類と原因

一言でおでこニキビと言っても、「おでこ」「眉の上」「こめかみ」と3種に区分することができ、基本的にホルモンバランスの乱れが元凶ですが区分によってニキビができる原因が微妙に異なります。

  • おでこ……皮脂の過剰分泌を抑える
  • 眉の上……ホルモンバランスの乱れ
  • こめかみ……ストレス

このように分けることができます。

勿論、皮脂の過剰分泌がすべての元凶であることに変わりはありません。

おでこや眉の上、こめかみはTゾーンと呼ばれ皮脂の分泌量が普段から多い場所です。

この過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まるようになるとニキビの元となるアクネ菌が繁殖してしまいます。

身体を清潔にしていれば基本的には防げますが、思春期のときの皮脂の分泌量如何ではいくら清潔にしても意味がないことがあり得ます。

Copyright(c) 2013-2017 ニキビ跡をキレイに消す化粧水特集 All Rights Reserved.