胸にできるニキビとその原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胸ニキビとは鎖骨周辺や胸の谷間にできるニキビのことで、大人ニキビの一種でありながら知名度は低いです。

しかし、女性にとっては服や下着選びの際に気になってしまう部分なので軽視せずにしっかりと対処することが大事です。

この胸元にできるニキビは背中にできるニキビと同じく服や下着、水着の選択の際に制限をもうけてしまう羽目になることから多くの女性から忌避されています。

顔にできるニキビと違って人目につくことはあまりありませんし、背中ニキビのようにできやすいものでもありませんから放置する人は多いですが、胸元は肌の色素が沈着しやすいので気を付けることが必要です。

男性より女性にできやすい

胸ニキビは男性よりも女性にできやすいという特徴があります。

これは胸の発育が男性よりも遥かに良いため谷間ができ、その谷間に汗や汚れが溜まりやすいからです。

また、ブラジャーをつけることも元凶の一つです。

なぜならほとんどの下着は合成樹脂で作られたり、中には金属フレームをつかっているものもあるのですが、これらは汗を吸収することがないので汚れがそのまま毛穴に詰まってしまうのです。

さらには性交の際によく触られる部分であることも汚れの溜まる速さに拍車をかけています。

胸は皮脂腺が多い(=皮脂の分泌量が多い)部分です。

つまり、ニキビができやすい部分でもあるということです。

胸は顔と違い洗う機会が1回であることが多く、かつ洗う時の水分量が少ないため汗や汚れが流しきれていないことが多いです。

これは古い角質の排出の妨げとなってしまい、またターンオーバーの妨げにもなっているのでニキビの原因になるといえます。

Copyright(c) 2013-2017 ニキビ跡をキレイに消す化粧水特集 All Rights Reserved.