首にできるニキビとその原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10代のうちに首にニキビができることは滅多にありません。

つまり、この首ニキビは20代以降にできる大人ニキビです。

首ニキビはしこりのように硬く、赤い疱疹状にできるというのが特徴の一つです。

首周辺部分は顔に比べて皮脂腺が少なく毛穴も開きにくいので、基本的にはニキビができにくい部分です。

しかし、一度首にニキビができてしまうと症状がひどくなりがちで、色素沈着を起こしたり赤黒いケロイド状のニキビ跡が残ってしまうことが多々あります。

このように一度できてしまったら悪化するのが早いというのは顎ニキビと似ています。

また、毛穴が開きにくいということはニキビができにくいというメリットがある反面、有効なスキンケア成分が浸透しにくいので治療が遅くなりがちというデメリットがあるので、スキンケア・ニキビケアには根気が必要になることも把握しておく必要があります。

もちろん、化粧水や美容液などで治す場合には浸透力の高いものを選びましょう。

原因はさまざまある

首にできるニキビの主な原因はホルモンバランスの乱れと言われていますが、他にも不衛生、ストレス、紫外線など色々なことが元凶になります。

これらすべては大人ニキビができる元凶と同じなので把握しておくことをおすすめします。

ストレス

仕事のプレッシャーや色々なコンプレックス、人間関係の軋轢、女性だとPMSなど様々なことが発端となって溜まるストレスが皮膚の機能と代謝能力の低下をもたらし、ニキビができやすい温床となる肌を作ってしまいます。

不衛生

首周辺は汗をかきやすく、髪の毛が振れやすい部分です。

そのため、おでこ(Tゾーン)と同じくらい細菌が繁殖しやすく、また外部からの汚れが付着しやすい場所と言えます。

ホルモンバランスの乱れ

ストレスができるような要因はすべて成長ホルモンと性ホルモン(男性ホルモン、女性ホルモン)の機能低下に繋がっています。

紫外線

首周辺、特に首筋は紫外線を浴びやすい部位です。

紫外線は皮膚の角質層を厚くし肌のターンオーバーを遅らせるとともに、皮脂や老廃物が毛穴を詰まらせるためニキビの元凶となります。

Copyright(c) 2013-2017 ニキビ跡をキレイに消す化粧水特集 All Rights Reserved.