ニキビ跡を治すにはまず基礎知識が大事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビ跡の治すには、まず、ニキビにならないことが一番のそして、究極の治療方法です。

ニキビになってしまうには原因があり、そして、予防策があります。

さらには、ニキビになってしまったら、ニキビ跡にならないようにしっかりしたケアと予防を講じる必要があります。

つまり、ニキビ跡、ニキビを治すにはまず、基礎的なことをしっかり頭にいれて、日常生活から変えていく必要があります。

当サイトでは、わかりやすく基礎的なことをまとめていますので、参考にしてください。

ニキビ跡ができる原因

ニキビ跡とは一体どういう症状なのでしょうか。

これはニキビ跡を切り傷に例えると分かりやすいです。

鋭い刃物で切った綺麗な切り傷と複雑に皮膚を裂かれた切り傷では残る痕が変わってきます。

前者は組織の結びつきが早く、また少しかさぶたを作りますが基本的に傷跡は時間放置で消えていきます。

>>ニキビ跡ができる原因の詳細へ

ニキビ跡とビタミンC

ニキビ跡にはビタミンCがよく効きます。

ニキビにはビタミンCが有効であることから、ニキビ跡化粧水にはビタミンC誘導体という形で良く含まれています。

ビタミンC誘導体とビタミンCはよく混同されがちですが、厳密に言えばこの2つは違います。

ビタミンC誘導体は体内に摂取することで酵素反応などが起きることでビタミンCとなるものです。

この形状をとっていることによるメリットは、誘導体化によって生体外での安定化および生体内への吸収率が格段に向上することです。

>>ニキビ跡とビタミンCの詳細へ

ニキビ跡を作らない洗顔方法

ニキビ跡はニキビが炎症してしまうことでできてしまいます。

この炎症が起きる理由は色々とありますが、中でも多くの人が経験しているのが【ついニキビを潰してしまうことと】です。

もっと厳密に言えばニキビは毛穴に詰まった皮脂や汚れに雑菌が付着し、アクネ菌が繁殖してしまうことでできてしまうもので、このアクネ菌を無くそうと洗顔することでニキビを潰してしまうのです。

>>ニキビ跡を作らない洗顔方法の詳細へ

Copyright(c) 2013-2017 ニキビ跡をキレイに消す化粧水特集 All Rights Reserved.