肌がぶつぶつになってしまう!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凸凹クレーターのニキビ跡

世間一般でいわれる「ニキビ跡」に該当するのがこのタイプのニキビ跡です。

このタイプのニキビ跡は肌がクレーターのようにでこぼこになってしまうので最も見栄えが悪く、また最も症状が重いです。

この凸凹クレーター状のニキビ跡はニキビが治った後の肌がその名の通りでこぼこに変質してしまうもので、まるでクレーターのようになってしまいます。

これは見た目でも分かりますし、触っても元は平らとは思えないほどにでこぼこしています。

ひと昔前まではこのタイプのニキビ跡は完全に治療するのは難しいと言われていました。

その理由は他のニキビ跡とは比較にならないほどに肌へのダメージが顕著に出ているからであり、化粧水や美容液は勿論、レーザーを用いた治療もまったく意味を為さないとみなされていたからです。

つまり、ニキビの症状が進行する過程で皮膚組織が完全に壊されたということです。

壊れた皮膚組織はなかなか回復しません。

しかし、近年の医療の進歩によりこのタイプのニキビ跡も治療できるようになりました。

他のニキビ跡と比べて時間もしくはお金が必要になってくることが多いですが、凸凹の肌に悩む必要がなくなったのです。

肌へのダメージが原因

このデコボコのクレーター状のニキビ跡の原因は何らかの理由で皮膚組織に深刻なダメージを負ってしまったことです。

具体的に言えばニキビによって毛穴やその周辺に強い炎症が起きたことで、肌の奥の真皮がダメージを受けてしまいコラーゲン組織も同時に破壊された結果、肌が落ちくぼんだということです。

ダメージを受けたコラーゲン組織の再生を促さないと肌は再び元の状態に戻りませんが、この組織の再生は困難を極めます。

また、自然に治癒されるコラーゲン組織が体内で多く作られて傷を治す働きによって皮膚組織は修復されるのですが、毛穴やその周辺が傷つくと治癒性コラーゲンの分泌異常に陥ることもあり、結果として毛穴が開きっぱなしになってしまうこともあり得ます。

この開きっぱなしの状態で固まってしまうことでも凸凹のクレーター状のニキビ跡はできてしまいます。

Copyright(c) 2013-2017 ニキビ跡をキレイに消す化粧水特集 All Rights Reserved.