ニキビができる原因は場所によって違う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思春期ニキビ・大人ニキビとニキビは年代によって性質が多少変わってきますが、それ以上にニキビができる場所によってできる原因が大きく変わってきます。

ニキビができる部分と聞いたら大半の人が「おでこ」「頬」「鼻」と答えますが、実はそれ以上に色々な部分にできるのです。

また、今話題となっている大人ニキビも、その代表格である背中ニキビ以外に色々なニキビがあります。

そのため、自分の身体のどういった部分にニキビができるのか、そしてそのニキビはなぜできるのかを把握しておくことが治療には必要です。

ニキビは治療よりも再発を防ぐことの方が大変です。

一度治したとしても生活スタイルやスキンケア法が変わっていなければすぐに再発してしまいます。

そして、大人になればなるほどその傾向はつよくなります。

しっかりと原因を追究してニキビの再発症を防ぎましょう。

頭皮にできるニキビ

頭皮ニキビができる原因は一言で言えば不衛生です。

汗や皮脂、シャンプーやリンスの洗い残しなどの汚れが毛穴に詰まることでニキビが発生してしまいます。

また、頭皮の毛穴に汚れが詰まると頭皮周辺で炎症が起きてしまいます。

>>頭皮にできるニキビの詳細へ

おでこにできるニキビ

おでこにできるニキビは10代の頃にできやすいニキビ(通称・思春期ニキビ)と言われており、事実20代以降でおでこにニキビができる人はあまりいません。

しかし、髪の毛に汚れが付着しており、それがおでこにかかるようだとおでこニキビは年齢問わず発生してしまいます。

そして、これは決して珍しいことではありません。

>>おでこにできるニキビの詳細へ

頬にできるニキビ

頬ニキビはおでこニキビや鼻ニキビと同じく代表的なニキビとして多くの人に捉えられており、思春期ニキビ・大人ニキビどちらでもできる可能性があります。

頬ニキビには「できやすい」「炎症を起こしやすい」「ニキビ跡ができやすい」といった特徴があり、これは大人ニキビの代表的な特徴と一緒です。

>>頬にできるニキビの詳細へ

鼻にできるニキビとその原因

鼻にできるニキビは頬やおでこにできるニキビと同じようにニキビの代表格的存在であり、かなり多くの人がこの部分のニキビに悩んでいます。

鼻ニキビは思春期ニキビとして有名なだけでなく、大人ニキビとしても有名であるため、常に気をつける必要がある厄介なニキビです。

>>鼻にできるニキビとその原因の詳細へ

あごにできるニキビ

あごのニキビができる原因は男女によって微妙に違ってきます。

しかし、健康雑誌やインターネットで原因や治療法を探しても「(女性にできる)あごニキビの原因」や「(女性にできる)あごニキビの治療法」が紹介されていることがほとんどで、男性のあごニキビの原因や治療法が紹介されることはすくないです。

>>あごにできるニキビの詳細へ

首にできるニキビ

10代のうちに首にニキビができることは滅多にありません。

つまり、この首ニキビは20代以降にできる大人ニキビです。

首ニキビはしこりのように硬く、赤い疱疹状にできるというのが特徴の一つです。

首周辺部分は顔に比べて皮脂腺が少なく毛穴も開きにくいので、基本的にはニキビができにくい部分です。

>>首にできるニキビの詳細へ

胸元のニキビ

胸ニキビとは鎖骨周辺や胸の谷間にできるニキビのことで、大人ニキビの一種でありながら知名度は低いです。

しかし、女性にとっては服や下着選びの際に気になってしまう部分なので軽視せずにしっかりと対処することが大事です。

>>胸元のニキビの詳細へ

背中ニキビ

大人ニキビの中でも最も有名で、最も多くの女性を悩ませているのが背中ニキビです。

背中ニキビは20代、30代になってから発症することがほとんどなので、大人ニキビの代表格と言われています。

>>背中ニキビの詳細へ

お尻にできるニキビ

実は上半身だけでなく下半身――お尻にもニキビはできます。

椅子に座ったときにかすかな痛みを感じるのなら確認することをオススメします。

座席や何らかの衝撃を臀部に受けるとチクリとした痛みがあるようなら手鏡や姿見で自分の臀部を確認してニキビがあるかどうか確かめることをオススメします。

>>お尻にできるニキビの詳細へ

Copyright(c) 2013-2017 ニキビ跡をキレイに消す化粧水特集 All Rights Reserved.