ニキビ跡の肌の色が変色?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シミのニキビ跡

炎症後色素沈着と呼ばれるタイプのニキビ跡があります。

これは肌の色が紫もしくは茶色に沈着してしまうことです。

この肌が色素沈着するタイプのニキビ跡とシミと見なされることが多いです。

これは色素が沈着したときのニキビ跡がシミと同じように浅黒い茶色に変色してしまうからです。

しかし、シミの色は常に茶色であることに対して、このタイプのニキビ跡には茶色以外にも紫色だったりそれこそ地肌とあまり変わりないような色になったりと色々です。

そのため、シミと思って放置しておくとずっと残るようなニキビ跡になってしまう可能性があります。

また、このタイプのニキビ跡の特徴として沈着した時の肌の色によって原因や治療法が変わってくるというものがあります。

そのため、色素沈着タイプのニキビ跡ができてしまった場合には、原因追及や治療にとりかかる前にまずはその色が何色なのかを見極める必要があります。

色によって原因が変わってくる

色素沈着タイプのニキビ跡は、その沈着した時の肌の色で原因が分かれます。

紫色の色素沈着

紫色の色素沈着が見られる場合、それはニキビが炎症を起こした際に毛穴周辺の毛細血管が破裂することによって血が滲み出た状態です。

血液は凝固すると紫色になるので、色素が紫色の沈着するのです。

この色素沈着するタイプのニキビ跡は、いわば赤みができるタイプのニキビ跡の発展形と言うこともできます。(毛細血管の活発化・回復→毛細血管の破裂)

茶色の色素沈着

茶色の色素沈着が見られる場合、それは紫外線の影響によって肌の色が一部分だけ変色した状態です。

ニキビが炎症する際に分泌される活性酸素によってメラニンという物質が生成されます。

メラニンとは黒色や茶褐色の色素のことであり、普段は体内に蓄積される物質ですが、許容範囲を超えることで肌の表面に顕在化してしまうのです。

この肌表面に出てきた状態が茶色の色素沈着タイプのニキビ跡になるのです。

紫外線対策としてUVカットを怠っているとメラニンの生成は促進されるので気を付ける必要があります。

ニキビ跡の色素沈着の初期の段階は赤みです。

この赤みがかった状態の時にお肌の手入れをしておけば、ひどくなる心配はありません。

Copyright(c) 2013-2017 ニキビ跡をキレイに消す化粧水特集 All Rights Reserved.