顎にできるニキビとその原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あごにできるニキビは思春期ニキビというよりも、20代以降にできる大人ニキビといわれています。

顎はおでこや頭皮と違い汗をかきにくく、肌のターンオーバーも乱れにくい部分なのでニキビができにくい位置です。

そのため、汗や皮脂、それらによる汚れが毛穴に詰まることでのニキビができることは滅多にないのですが、反面、他の部分よりデリケートになりがちで、一度ニキビが出来てしまうと症状が進行するのが早くなってしまうという特徴があります。

つまり、あごニキビができてしまった場合、早めに対処しなければニキビ跡になりやすいということです。

つい放置しがちですがしっかりとケアしましょう。

男女により原因は異なる

あごのニキビができる原因は男女によって微妙に違ってきます。

しかし、健康雑誌やインターネットで原因や治療法を探しても「(女性にできる)あごニキビの原因」や「(女性にできる)あごニキビの治療法」が紹介されていることがほとんどで、男性のあごニキビの原因や治療法が紹介されることはすくないです。

そのため、何も知らないまま男性が「女性用」の治療法であごニキビを治療しようとしたけれどまったく効果が出なかったという話は珍しくありません。

そのため、性別によって原因が違うことを把握しておくことが必要です。

男性の場合

  • 典型的なスキンケア不足、粗雑なスキンケア製品の使用
  • 男性ホルモンの過剰分泌による肌の新陳代謝の低下
  • 毎日のヒゲそりなどの顎への直接的な刺激

女性の場合

  • 典型的なスキンケア不足、粗雑なスキンケア製品の使用
  • 他のニキビと同じくホルモンバランスの乱れ
  • 化粧汚れ

PMSがある分、ニキビは往々にして女性の方ができやすいものですが、あごのニキビに関しては髭が生える分、男性でもできやすいので十分に肌の環境に注意することが必要です。

Copyright(c) 2013-2017 ニキビ跡をキレイに消す化粧水特集 All Rights Reserved.